メイクさんのお肌のお手入れQ&A > お化粧の基礎知識



基礎化粧での保湿がポイント


化粧水は肌に水分を補給し弾力のある肌を作り、美容液や乳液は肌に油分や栄養分を補うと共に保湿力を高めます。
水分補給を十分に行ったとしても、その後で水分を失ってしまっては化粧水の役割を果たせません。
美容液や乳液は肌に膜を作って保湿を高め、肌の水分を保つ目的で使用するのです。
肌の角質層が外部からの刺激を保護してくれるバリア機能の役目をしてくれます。
基礎化粧での保湿の意味は、この角質層を正常な状態、潤っている状態にするということです。
角質層に水分が足りないと角質そのものが剥がれやすくなり、刺激への抵抗力が落ちて肌荒れや肌の乾燥が起こりやすくなるため、保湿してバリア機能を整える必要があります。
角質層内でバリア機能を司るセラミドは、乾燥などで角質層が乱れると流れ出てしまいます。
セラミドの不足は肌のバリア機能の不全を招きます。
肌のバリア機能を基礎化粧品で補ってあげる必要があります。
基礎化粧品のうち、その成分にセラミドが含まれるものは保湿力が高めです。
コラーゲン、ヒアルロン酸を含有する基礎化粧品も、肌の保湿力を高め弾力性を高めます。
化粧水だけ使う方もいますが、保湿効果を期待するなら、乳液や美容液を取り入れて化粧水で補った水分をキープすれば保湿効果が高まります。
肌トラブルを防ぐためには、基礎化粧品で肌の潤いを守ることが重要です。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ

化粧水の効果


化粧水は重要な基礎化粧品の1つですが、化粧下地にも使われるメイクアップ化粧品でもあり、化粧水の効果をしっかりと発揮させるスキンケアを心掛けましょう。
化粧水には、使う人の肌の質や目的に合わせて様々なものがあります。
一般に化粧に使われる化粧水、アルカリ性化粧水、植物性化粧水、アフターシェーブローションやボディローションなども化粧水の仲間です。
化粧水は肌に水分を与えて保湿効果を高め、みずみずしい状態にするために使います。
肌の汚れを落としキレイな素肌へと戻った後は、化粧水の効果を上げるためにたっぷり化粧水を使います。
コットンに化粧水をしみ込ませて丁寧にパッティングします。みずみずしい肌に必要なのは水分なので、硬くなった肌をしっとり柔らかくしてくれるのが化粧水に期待する効果です。
もっとも、化粧水の良し悪しで肌のコンディションはほぼ決まるとはいっても、化粧水のみに力点を置いて他の基礎化粧品をないがしろにするわけにはいきません。
化粧水は安くて自分の肌に合うのが一番ですから、高いものを買って惜しんで使っていたら化粧水の効果はあまり見られません。
プルプルの肌にするためにも、たっぷりと水分を与えられるような惜しまず使える化粧水を選びましょう。
化粧水にはほてった肌を鎮める効果や、肌の健康を整え美白にするホワイトニング効果も期待できます。
化粧水の中でも植物成分などを使ったものならば、効果の中には植物本来の成分による効果も含まれます。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ

化粧水の種類は何種類?


化粧水とは、「収れん化粧水」「柔軟化粧水」「一般化粧水」「ふき取り化粧水」と大きく別けると4種類あります。
詳しくは、「収れん化粧水」とは、アルコールが含まれる事が多く、毛穴の引き締め、皮脂を抑える効果があります。
肌につけた感じは、さっぱりとした感じです。
またスーッとした使用感があります。
次は「柔軟化化粧水」です。
肌につけるとしっとりとした感じです。
これは、後に使う化粧品の浸透をより効果的にしてくれる特徴があります。
このふたつはPH5.5〜6.5に調節されています。
収れん化粧水には、その表記がされています。
そして、ふき取りが目的の「ふき取り化粧水」があります。
化粧水の表示には「ふき取り化粧水」とされています。
しかし、「収れん化粧水」や「一般化粧水」をふき取りに使ったり、AHAが配合されているものもあります。
そして、普段手にすることが多いものが「一般肌用化粧水」です。特別な表示のないもので保湿効果、柔軟作用がバランスよく配合されてます。
肌につけた使用感は、さっぱりとしたものと、しっとりとしたものの両方があります。
肌につけた使用感がそのまま化粧品の種類というわけではないのです。
自分の肌の状態や自分の好みなどを知って、話題の化粧水などを試してみるのも良いかもしれません。
時間帯で、夜はしっとりとしたもの、昼間はさっぱりとしたものと使い分けるのも良いでしょう。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ
脚痩せるんるん♪美脚の創り方