メイクさんのお肌のお手入れQ&A > お化粧の基礎知識



人気のヒアルロン酸の秘密


ヒアルロン酸の人気がある理由のひとつは、その高い保湿力にあると思います。
その保湿力は驚くべきことに、ヒアルロン酸1gあたり、6,000mlの水分を保持する力があることです。
つまり少量のヒアルロン酸で、体中のあらゆる部位の水分を保持することが可能なのです。
本来、肌の真皮層に存在するヒアルロン酸なのですが、残念ながら年齢とともに減少してしまいます。
いつまでもうるおいのある美しい肌を保つためには、普段からこのヒアルロン酸を意識して摂取することが必要不可欠なのです。
この理由は、ヒアルロン酸自身の代謝サイクルがとても早いものであるからです。
ここで、他の美容成分としても有名なコラーゲンとこの代謝に関して比較してみます。
コラーゲンを摂取してから、約6ヵ月くらい経過すると、だいたい約50%程度に消耗されて減ってしまうと言われています。
しかし、ヒアルロン酸の場合は、コラーゲンと比べてみると、なんと1〜2週間でなくなってしまうのです。
表皮に限って言えばわずか1日で半分を消耗し、2〜3日で完全に入れ替わってしまうのです。
上の例からも分るように、ヒアルロン酸は、長い時間をかけて消費されるコラーゲンと比べて、短期間で消耗してしまうのです。
以上のことからヒアルロン酸を摂取するときには、こまめに取るようにしなければ効果が持続しないことになってしまいます。
栄養バランスのとれた食事をとっていれば体内で合成できるコラーゲンに対し、ヒアルロン酸は体内での合成ができませんので、積極的に自分で外部から補給するようにしましょう。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ

ほほたるみの対策


ほほのたるみは顔を老けさせてしまう印象を与えます。
ですのでほほたるみにならない為の対策方法、防止方法を紹介いたします。
予防対策を行うことで、体も心も美しさを保ちたいですね。
まず基本として行いたいのが、肌ケアをしてあげることです。
ほほたるみを防止する対策はいろいろですが、まずはこれが一番大切です。
化粧水、美容液、乳液、エッセンスなどで、しっかりと水分を与え、プルプル肌にしましょう。
お肌の乾燥はよくありません。
まず、保湿してあげることが基本です。
カサカサ肌は、見た目も良くないですが、肌も傷つけてしまうことになります。
ほほたるみがなければシワもなし!
一石二鳥です。
外出時には、紫外線防止でメイクもしましょう。
ほほたるみを防ぐ対策のもう一つは、自分の食生活をチェックすることです。
食べられる量は決まってしまいますが、肌に良いとされる食べ物も取り入れましょう。
必要なのは、食事だけでは補えない栄養をサプリメントなどでしっかり補うことが大切なのです。
今、肌に良いとされているサプリメントがどこででも簡単に購入することができますね。
肌に良いアミノ酸やコラーゲンをサプリで取ることができます。
そして、ほほたるみの対策方法として、忘れてはいけないのが、顔の筋肉を鍛えることてす。
エクササイズで重力に負けないように頑張りましょ。
たるみが「むくみ」による原因で起こる人もいます。
むくみを取り除くことによってたるみが改善されることもあります。
それから適度な運動は心身をリフレッシュしてくれて、心のたるみも防いでくれます。
また、自分のむくみの原因をしっかり把握することが大事です。
むくみが気になる人は飲みすぎ、食べすぎに注意しましょう。
ストレスは何においても健康によくありません。
もちろんたるみ対策としてもストレスは発散させましょう。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ

小顔に見える方法化粧法とは


むくみやたるみで大きくなってしまいがちな顔を、小顔の見せる方法を色々とご紹介いたします。
フェイスラインをシャープにみせて、本来持っていた輪郭を取り戻しましょう。
さっそく試して、小顔な美人になってください。
最初に顔の筋肉を動かして、張りのある肌を作りましょうね。
第一に小顔に見えない原因にむくみがあります。
顔の筋肉を動かすエクササイズをしましょう。
そうすれば、血のめぐりがよくなり、若々しく見え、ほほが上がります。
自然とむくみが取れ、本来の輪郭が出てきます。
毎日の食事の時などを利用し、良く噛み、筋肉を動かすことが大切です。
良く噛むことによって、食べ物の消化もよくなりますし、ダイエットの効果も期待できます。
ストレスのない生活も小顔になるためには必要なのです。
笑うことにより、筋肉がトレーニングされるのです。
疲れた筋肉のマッサージもお忘れなく。
心も健康になることも大事なことですね。
第一にむくみの原因となるのが水分です。
特に寝る前の水分の取りすぎは禁物です。
それから枕などは首などが圧迫されるとむくんでしまいます。
自分にあった枕を選ぶことも大切でしょう。
小顔に見せる為に髪型でエラなどを気にしていてついつい隠してしまいがちです。
しかし髪形を変えるだけでもずいぶん違ってきます。
髪の毛の量を調節することにより、頭を大きく見せないようにするのも手です。
髪の毛が多く広がっているとそれだけで、「大きいイメージ」ができてしまいます。
自分がどういう髪質なのかを知ることが大事です。
それによって使うシャンプーやリンスなどを変えてみるのもいいでしょう。
また美容師さんにフェイスラインをすっきりと見せるカットや小顔にみせる髪型を相談してみるのも良いですね。
このように、方法はたくさんあると思いますが、おうちで試してみてくださいね。
日ごろから出来る簡単な方法が多いですので、実践しやすいとおもいますよ。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ
脚痩せるんるん♪美脚の創り方