メイクさんのお肌のお手入れQ&A > お化粧の基礎知識



クレンジングオイルの使い方について


クレンジングオイルの正しい使い方についてご紹介しましょう。

汚れが肌のキメに、普通の洗顔料だけで済ませてしまうと残ってしまうことから、クレンジングオイルを使うほうが良いといわれています。

洗顔がなぜ大切なのかというと、スキンケアは、肌の汚れを落とすに始まり落とすに終わるといわれるからです。

何故ならメイクもほこりも肌に残したままだと、肌の老化をどんどん進める事になるからです。

クレンジング剤を使ってメイク汚れを落とす場合、美肌を保つためにはどのような方法でおこなうべきなのでしょうか。

汚れが油性であるメイクを落とすときには、油性のクレンジングを使うことが大切です。

メイク汚れのほかに顔の汚れには、汗・ほこり・ちりの様な親水性の汚れと、皮脂の様な親油性の汚れとがあります。

親水性の汚れを、普通のクレンジングオイルでは落とす事が出来ないので、ダブル洗顔をしなければなりません。

普通のタイプのクレンジングオイルよりも上級グレードのクレンジングオイルの場合は、まず始めに親油性の汚れを浮かした後、水を加えるとオイルが親水性へと変化する特徴があります。

石鹸みたいに乳化して、汗やほこりも一緒に包み込むことが可能なのです。

クレンジングオイルでも、オイルが親水性に変化するタイプのものなら、肌をゴシゴシこすって傷める事無く、簡単に親油性汚れも親水性汚れも一緒に落とす事が可能になるのが良いところで、肌に不要な油分も残さず洗い流すことができるのです。

クレンジングオイルはメイク汚れの落ちもさる事ながら、美肌に役立つ有効成分も差がありますので、自分の肌に適したクレンジングオイルを選択するようにしましょう。

投稿者 友近由紀子
     
[PR] 管理栄養士のダイエットプログラム | 最速カリスマ英語マスター

クレンジングオイルとは


どのような化粧品を、クレンジングオイルと呼ぶのでしょうか。

そのクレンジングオイルにはどんな特徴があり、どのように使ったら良いのでしょうか。

オイルで毛穴の汚れ、メイクや大気中の汚染物質を落とすことを、クレンジングオイルは化粧品の目的としているといいます。

お肌の汚れの馴染みが良く洗い上がりはさっぱりとしていて、ベタベタとした感触が無いのが、クレンジングオイルの特徴です。

クレンジングオイルを選ぶ人は多く、メイクが落ちやすいという事で、人気がある化粧品ですが、使い方を間違えるとクレンジングオイルはお肌のトラブルの要因となることがあります。

オイルに溶ける性質がある油汚れは、クレンジングを石鹸等の洗顔料でするよりも、メイクによるお肌の汚れを、オイルで素早く浮き立たせて効果的に取り除くことができるのです。

多くのクレンジングオイルには、界面活性剤が多めに配合されており、それが特徴だともいえます。

別のタイプの洗顔料と比べてみると、クレンジングオイルはお肌への刺激が強いといえます。

それはほかのものよりも、汚れ落ちが良いからです。

クレンジングオイルは汚れを落とす力が強いので、気をつけなければならないのは、クレンジングオイルで汚れを落とす為に必要以上に肌をこすったり強くマッサージしてしまうことです。

クレンジングオイルには、肌の保湿成分迄奪ってしまうという欠点があるからです。

洗顔するときにクレンジングオイルで長時間行うと、肌のかさつきや、にきびの原因に、逆にお肌を傷つけてしまうことによりあり得るので、できる限り短時間で洗い上げましょう。

クレンジングオイルの使用は、乾燥肌や敏感肌の人はやめたほうが良いでしょう。

Tゾーン等、皮脂成分が多い部分や目の周り等のポイントメイク等を落とす場合に、クレンジングオイルは効果があります。

カット綿や綿棒を使って、化粧汚れの強い場所にスポットクレンジングとして使用するときにも、クレンジングオイルはおすすめの化粧アイテムだといえます。

投稿者 友近由紀子 

保湿化粧品の使い方について


乾燥肌の方にとって手放せないアイテムだといえるのが、保湿化粧品です。

では乾燥肌に役立つ保湿化粧品はどのように使ったら良いのでしょうか。

コットンでバタバタと叩き込んだり、肌の上を滑らせたりして、せっかくの保湿化粧品を台無しにしてはいないでしょうか。

肌が摩擦のダメージを受けていることが、自分では優しくしているつもりでも少なくないといいます。

どんなに質の良いコットンを使っても、肌の表面は傷つきやすいので、肌にダメージを与えているということを忘れてはいけません。

保湿化粧品でケアしても、ひび割れた肌の表面からは、水分が逃げ出して乾燥の原因となってしまうでしょう。外界からの刺激物質の進入を許してしまうのが、乾燥した肌ですので、肌に優しい保湿化粧品の使い方を身につけることによって乾燥肌対策ができるといえます。

化粧水、美容液、乳液は手のひらにのせて、顔全体にさっと、やさしく肌を押さえながらなじませていきます。

更になじませて仕上げるときは、中指と薬指の腹を使って行います。

血行とリンパの流れを意識するように、顔の内側から外側へ、下から上へ行うことが重要です。

軽く2本の指の腹で押し込む様に、指圧する様なかんじでなじませると良いでしょう。

こすったりバシバシ叩くと、顔の赤みやしみの原因になるので絶対にやめましょう。

乾燥肌はデリケートですので、優しさ最優先のスキンケアをしていくことが大切だといえるでしょう。

毎日の乾燥肌のスキンケアに、正しい保湿化粧品の使い方をマスターして、役立てていけると良いですね。

投稿者 友近由紀子
脚痩せるんるん♪美脚の創り方