レーザー治療でホクロ取り


早くてきれいにできるということが、ホクロ取りの場合のレーザー治療のメリットとしてあげられるでしょう。
1回あたり数分で完了し、短時間で終わるので学校・会社・家事などにそれほど影響はありません。
メイクもテープの上からすることになりますが、範囲としては小さなもので上からファンデーションを塗ればぱっと見ただけではわからないほどです。
レーザー治療のせいでホクロ以外の皮膚を傷めたという事例はほとんどなく、傷跡も残りにくいので、ホクロをとる方法としては安全なものでしょう。
ただホクロの状態によって施術回数が多くなってしまうことはあり、これだけはレーザー治療のデメリットといえるかもしれません。
皮膚の深いところまであるホクロもありますから、傷跡を残さないようにするためには、何度かに分けてレーザーを当てる必要が出てくるのです。
ホクロの組織が残ったりすると、とまた再発してしまう恐れもあるので、一度治療してまた再発しそうな場合は再びレーザーを当てるようになります。
ホクロ取り治療をした後、アフターケアを少し長くしなければならないことも、少々面倒だという人もいるでしょう。
それでも基本的には消毒とテープの張り替え、色素沈着を防ぐ塗り薬、化膿止めの飲み薬の服用などで、そう難しいことではありません。
その代わり赤みが引くまで一ヶ月、その後数ヶ月から半年くらいは患部を紫外線に当てないようにすることは守らなければなりません。
このようにレーザー治療によってホクロを取る場合、メリットもあればやはりデメリットもあります。
それをきちんと理解したうえで、レーザー治療をするかどうか考えてみ見るといいでしょう。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ

ホクロのレーザー治療とは


ホクロ取りの方法としてよく耳にするのがレーザー治療です。
レーザー治療とはホクロを取り除くときに、人口的に作り出した強い光をホクロにあてておこなうもので、比較的よく知られています。
その原理はホクロの細胞の中の水分とレーザーの光が反応して蒸発させる仕組みです。
この細胞の中の水分に反応するレーザーが炭素ガスレーザーです。この炭素ガスレーザーと黒い色素だけに反応するレーザーと組み合わせることでホクロ取りをするのです。
またもうひとつよく利用されるものに「高周波発生装置」があります。
この高周波発生装置を使うと出血が無く、傷の治りが早いのが特徴で、電気メスで電流により発生した熱でホクロを蒸発させます。
どの方法でも局所麻酔をしてくれますので、痛いということはありせん。
レーザー治療は顔にたくさんできている小さなホクロなどを取る場合に短期間で済むので適しています。
また直径5ミリ以下の平らなホクロに最も有効だといわれています。
ホクロのレーザー治療の仕上がりですが、直径3ミリくらいまでならキレイに取れ、5〜6ミリのものでも一度の治療で半年後には目立たなくなるでしょう。
レーザー治療の後、1週間程度でかさぶたが剥がれ3ヶ月くらいで腫れ・赤みがひいてきます。1年くらいすると近くで見てもわからないようになります。
1度のレーザー治療で完全にホクロを取り除けるのは5ミリ程度のホクロまでで、治療後の後も目立たなくなります。
けれどホクロが深いと何度か治療を繰り返さなければならないでしょう。
レーザー治療の特徴を知って自分に合った治療・病院選びをするとよいでしょう。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ

ホクロの予防を御存知ですか


今後ホクロを増加させないようにするにはいったいどうしたらよいでしょうか。
まずはメラニン形成細胞が活発になる紫外線を浴びないようにすることです。
日焼け止めを首筋や耳の後ろまでしっかりと塗りましょう。
ただし肌が弱い人などは、二の腕など目立たないところでパッチテストをしてから使用しましょう。
もっと簡単な方法は肌を何かで覆ってしまうことです。
紫外線を遮るには黒が一番効果的です。
紫外線の98%をカットしてくれます。
全身黒づくめでは暑苦しいという場合は日傘だけでも黒いものを使ってみるといいかもしれません。
夏だけではなくて、紫外線は一年中降り注いでいます。
ホクロの予防をしたい人はいつも長袖でいるようにしたほうがよいでしょう。
また光と反応して色素沈着を起こしやすいので、みかんやレモンなどの柑橘類でのパックはやめたほうが無難です。
アロマに使用されることが多いですが、すぐに直射日光をあびないようにして、オイルは肌に残さないようにします。
さらに柑橘系のジュースを飲んだり、果物を食べた後口のまわりに汁が残らないように、きれいに拭いておくことを忘れないようにしましょう。
美肌効果のある柑橘類を食べることはとても良いことですが、そのアフターホローは、忘れずに実行しましょう。
しっかりと体内にビタミンCを取り入れていきましょう。
日頃から紫外線を浴びないように意識することが一番のホクロの予防法だといえます。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ
毎日気をつけるようにしていきましょう。
脚痩せるんるん♪美脚の創り方