ムダ毛の処理とケアについて


現代の日本では、ムダ毛は処理して当然、体毛はいらない毛という認識が一般的なようです。

ムダ毛が多いことをコンプレックスに感じ、体毛を薄くしたいと思う気持ちの発端はどこにあるのでしょう。

人間の皮膚には、全身で100万〜150万本の毛が生えており、その約2/3が皮膚の中にあります。

美肌やきれいな外見という点からすればムダ毛は全くいらないものですが、体毛があることで外界の温度変化から体をカバーし、衝撃から守ることもできます。

肌に優しいムダ毛処理を行わない限りは、色素沈着や炎症など肌への良くない効果が慢性的に現れるようにもなります。

ムダ毛と肌の関係を知り、自分に肌質に合うムダ毛処理を行うには、どういった方法が適しているかあらかじめ調べておくことです。

自分に合った効果的なムダ毛の処理とスキンケア方法を見つける事も大切です。

部位によってはムダ毛は処理してもすぐに再生してきますので、家でできるようなムダ毛処理方法では頻繁に手入れをしなければならくなってしまうようです。

顔や背中のムダ毛処理方法としてお勧めなのが、除毛クリームや顔用シェーバーを使うというものです。

脇の下は、電気シェーバーやT字カミソリなどのしっかりした脱毛器具が必要です。

この他、すね毛や腕毛、ビキニラインを脱毛するための脱毛ワックスや脱毛テープなども様々な商品があります。

自宅で脱毛処理をする場合は、それぞれの脱毛商品がどんな肌質に合っているかを考えながら、相性のいいものを探してください。

投稿者 友近由紀子
     
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
東京安心安全美容整形外科|座敷豚の簡単ダイエット|楽々簡単ダイエット講座
お肌の悩み解決箱|サプリメントの基礎知識|Blogger of dietfever

ムダ毛処理と女性ホルモンの関係


エステなどでのムダ毛処理にかかる費用は、処理したい箇所の広さやムダ毛の状態によって金額に差が出ることがあります。

ムダ毛の処理方法は様々ありますが、ムダ毛だけでなく、頭髪の毛が濃い薄い、毛の量が多い少ない等の差には、女性ホルモンと男性ホルモンが関係しているとされています。

生まれたときは男女ともだいたい同じ数の毛包があります。

男性ホルモンとの関わりによって、14歳時点での毛包の量により、この先できる毛の量がおおよそわかってくるといいます。

女性ホルモンが多い体質の人は、ムダ毛の量が少ないといわれているようです。

ムダ毛の処理のタイミングを考慮するだけでも、女性ホルモン量に興味を持つ必要はあるでしょう。

ホルモン分泌には遺伝だけでなく、健康状態、ストレスなどに影響されるので、個人差が出てきます。

ムダ毛の処理や抑制に効果的とされる女性ホルモンは、加齢やストレスなどで分泌量が下がる傾向があるそうです。

納豆や豆腐などにふくまれる大豆イソフラボンは女性ホルモンに近い作用があるので、肌対策にいい食材とされています。

体のため、肌のために大豆イソフラボン摂取が適しています。

1日に必要な大豆イソフラボンを食品で摂るには納豆1パックや豆腐半丁、豆乳1カップ等で手軽に摂ることが出来ます。

大豆イソフラボンを含んだムダ毛処理製品として、抑毛ローションやジェルなども販売されているので普段のムダ毛処理と一緒に使ってみてはいかがでしょうか。

投稿者 友近由紀子
     
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
東京安心安全美容整形外科|座敷豚の簡単ダイエット|楽々簡単ダイエット講座
お肌の悩み解決箱|サプリメントの基礎知識|Blogger of dietfever

ムダ毛処理で気をつけたいこと


まず肌表面の汚れを落とし、きれいな状態で行うことがムダ毛処理のコツです。

ムダ毛の処理後の肌を清潔にし、ムダ毛の抑制効果のあるジェルなどでケアを念入りの行うことも大切です。

毛抜きを使って1本1本ムダ毛を抜いていくことが、肌へのダメージは大きいと言われています。

肌への負荷を考えると、毛抜きで抜く方法は一番肌を傷めてしまいやすいものと考えてもいいものでしょう。

毛抜きで抜いたために皮膚が切れてしまったり、肌トラブルを引き起こすことがあります。

成長途上のムダ毛を強引に抜いたことで、何本かの毛に分かれてそこからムダ毛が伸びてきてしまうというケースもあります。

毛穴が黒くなり、毛が皮膚の下に埋まったまま伸び化膿するケースもありますので注意しましょう。

カミソリでの剃毛は、肌への負担の大きい脱毛方法です。

痛くなく、時間もさほどかけずにできますので、かみそりでのムダ毛処理を日常的に行っている人は少なくありません。

カミソリでムダ毛を剃ると、同時に皮膚も削り取って入るために、頻繁に処理を繰り返していると慢性的な剃刀負けを起こすこともあります。

脇の下に黒い色が沈着したり、ヒリヒリしたり、皮膚が炎症を起こすといったことが起こりえるようです。

風呂に入った時にムダ毛をカミソリで剃っている方は多いようですが、湿気や雑菌が多い風呂場のカミソリは衛生的に問題がある場合もあります。

投稿者 友近由紀子
     
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
東京安心安全美容整形外科|座敷豚の簡単ダイエット|楽々簡単ダイエット講座
お肌の悩み解決箱|サプリメントの基礎知識|Blogger of dietfever
脚痩せるんるん♪美脚の創り方