肌に負担をかけない脇の永久脱毛


肌に負担をかけない脱毛方法、毛の再生を防ぐ脱毛方法を永久脱毛といいます。
永久脱毛では、ムダ毛の脱毛と同時に毛根も破壊します。
新しい毛は毛根から作られるため、毛根を処理すれば毛の再生は防げます。
脇の下の永久脱毛には、レーザー光を照射して脱毛処理をするレーザー脱毛があります。
脱毛に用いるレーザーは黒のみに反応するもので、肌を傷めたり人体に悪影響を及ぼす心配はありません。
毛根を破壊するために何度もレーザー光を当て、脇毛の再生機能を失わせます。
これで定期的なムダ毛処理が必要ない脇の下にすることが可能です。
レーザー脱毛ができるところは医療機関や脱毛専門サロン、エステティックサロンなどです。
それぞれの内容や特色は異なります。
皮膚科や美容外科などの医療機関で行われる脱毛処理の場合、医師の監督下で看護士などから永久脱毛施術を受けられますし、トラブル発生時の対応も安心できます。
レーザーによる脇の脱毛効果はそれだけではありません。
永久脱毛処理によって、毛穴が引き締まって肌がきれいになります。
毛根を破壊し毛がなくなるからです。
脇毛は他の部位に比べると濃く太いため、自己処理では毛穴がひらいたままで凸凹が目立ってしまいます。
脇は皮膚がとても薄くデリケートな部位だからこそ、脇毛の脱毛のときには、肌に負担をかけない脇の永久脱毛をするのがおすすめです。
気軽にできるからと自己処理の繰り返しで、脇の下の肌に負担にならないようにしましょう。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ

自分でできる脇毛の脱毛方法


自宅で可能な脱毛方法には幾つかあり、それぞれに特色があります。
最も多くの人が行っている脱毛処理は、かみそりやシェーバーを用いて脇毛をそり落とすという方法です。
安価で手軽にできる脱毛方法ですし、この方法から腕や脚など広範囲に使えます。
しかし、脇毛の場合は脚や腕のムダ毛と比べると濃く太い毛になっています。
自分で脇毛を剃った場合、皮膚に埋もれた部分が逆に目立つようになることもあります。
これは毛の断面が太く見えているためで、脇は難しい部位といえます。
自宅で脇毛を脱毛する方法としては、毛抜きの利用もあるでしょう。
皮膚に毛を残すことなく処理することが可能です。
この他、市販の脇毛対策には、毛を溶かすシートで剥がすという脱毛や、目立たぬよう脱色するという方法もあります。
自分でできる簡単な脇毛の脱毛方法の場合、肌に負担をかけてしまうものばかりです。
毛根という部分で毛は作られており、この毛根がある限り剃っても抜いてもまた毛が再生されるのです。
こまめに手入れをしようと頻繁に剃っていては皮膚に負担が増し、ムダ毛は処理できても湿疹や腫れの元にもなります。
キレイな状態を保つためにするはずの脱毛が、肌あれの原因になってしまっては意味がありません。
対策としては、脱毛処理後は敏感な状態になっている肌にスキンケアを正しく行い、肌への負担を最低限に留めるようにすることです。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ

脇毛の脱毛が必要な理由


脇の下の毛は、脱毛ポイントとして意外と重要です。
脇の下という部位は、案外と人目にさらされがちです。
一年じゅういつでも、脇の下のお手入れはしておきたいものです。コートの下にキャミソール等を着る機会は以外とあるのです。
その日はコート着用だからと油断していると、食事や飲み会など突発的な出来事が入ったり、暖房がよく効いている屋内に入った時にはコートをいつまでも着用したままではいられません。
洋服を買いにいったお店で試着をするときなど、油断していると恥をかくことになってしまいます。
ワンピースなどは試着をしなければ雰囲気や感覚がわかりませんし、試着せずに買うのは不自然でしょう。
いつ何があってもいいように、脇毛の脱毛処理は欠かさないように、脇はつねにキレイにしておいた方がいいでしょう。
男性も脇の下のお手入れを考えなければなりません。
女性だけが脇の下を見られるわけではないのです。
たとえ5部袖のシャツでも、脇の下などは思いがけないような動作や角度から見えてしまうこともあります。
近ごろはメンズエステに通う男性も珍しくなくなり、男性用化粧品が出回るなど男性のスキンケアも広まりつつあります。
美形といわれている男性タレントやミュージシャンには、脇やすねのキレイな方がとても多いのも事実です。
男性だから脇毛は処理しなくていいという時代では無いかも知れませんね。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ
脚痩せるんるん♪美脚の創り方