脱毛ワックスと脱毛テープ


脱毛ワックスは、暖めてから脱毛したい部位に塗り、しばらく放置して毛ごと固まったら一気に剥がし、ワックスについたムダ毛を抜き取るタイプの脱毛剤で、脱毛剤の一種になります。
広い範囲の足や腕などの毛を一度に抜き取ることができるワックスは、脱毛クリームと違って毛根から抜くことができます。
2ミリぐらいのある程度の長さのある毛や、しっかり生えている毛を一度に脱毛するのに向いているのが脱毛ワックスだといえます。脱毛ワックスを使った場合、しばらくするとまた毛が生えてきます。
何故なら毛根部まで抜いたわけではないからです。
また皮膚の再生が早い人の場合は、肌表面が鳥肌状になったり、埋没毛になることもあります。
感覚には個人差がありますが、脱毛テープを使用する際は、脱毛テープを剥がすと強い痛みを伴うことがあります。
けれど慣れてくれば、その痛みはほとんど感じないようになるかもしれません。
いつまでも人によっては痛みに慣れないことがあることが、脱毛テープの場合はあるかもしれません。
脱毛テープを使用した後、肌が赤くなることもあります。
毛抜きを使った時のようになりますので気をつけましょう。
テープを剥が時に皮膚を傷つける可能性もあります。
その結果かぶれたり、腫れたりするかもしれません。
数ある脱毛剤の中では、薬品を全く使わない脱毛ワックスも販売されています。
肌の弱い人、脱毛の際に薬品かぶれを起こしてしまう人は、まずこちらを使ってみるといいかもしれません。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ

脱毛クリームは人気のある脱毛剤


薬局などで出回っている脱毛剤のうち、人気があって売られている数が多いものが脱毛クリームです。
痛みがなく、手軽で安価に購入できる脱毛クリームは、軽い気持ちで試すことができる脱毛剤だといえるでしょう。
特殊な化学反応により毛を溶かすことで脱毛処理をするのが、市販の脱毛クリームで、これはアルカリ性になっています。
皮膚にクリーム状の脱毛剤を塗ってしばらく放置します。
そして後で洗い流すか、ふき取るなどして利用します。
脱毛クリームで脱毛する場合、皮膚から露出している毛を溶かすのが特長です。
毛根までは処理できないのが脱毛クリームです。
そういう意味では脱毛剤ではなく除毛剤の部類に入るといえます。最近は完全脱毛クリームという毛根まで溶かすタイプの商品も少ないですが売られているようです。
色々な方向を向いた状態で溶け切れてしまうのが、脱毛クリームで溶かした毛です。
皮膚から出てこないまま伸びる埋没毛になってしまう等の危険性があるので注意が必要です。
脱毛クリームは、毛だけを溶かすものではありますが、皮膚にもかなり負担がかかります。
肌の弱い人、敏感肌の人は気をつけなければなりません。
かぶれや炎症を引き起こす危険性があるからです。
初めて脱毛剤を使用するときは、自分の肌質に合うかどうかを試してみるために、まず目立たない部分で脱毛剤をテストしてから使いはじめましょう。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ

脱毛剤の目的と種類


脱毛剤というのは、毛根からムダ毛を抜き取るための薬品のことをいいます。
皮膚から出ている部分の毛のみを剃り、毛根から抜かないことを正確には除毛といいます。
脱毛剤を指す時は、一般に除毛剤も含まれていることが多いようです。
脱毛剤を使って脱毛をすることは、自宅で気軽に試してみることができるでしょう。
エステサロンや医療機関で脱毛するよりずっと安価にできることからとても人気があります。
脱毛剤による脱毛は肌の表面を痛めやすいので、肌荒れ、かぶれなどに十分注意する必要があります。
脱毛クリームや脱毛テープ、脱毛ジェル、脱毛ワックスなど、脱毛剤の種類は実にいろいろなものがあります。
それぞれの脱毛剤の種類によって特徴があります。
それを把握しておいてから利用する必要があるでしょう。
どの脱毛剤が自分に合うか、よく理解した上で選択するようにすると良いでしょう。
さらに脱毛剤を使用する時は、目立たない部分ではじめに肌の状態を確認してから使いましょう。
脱毛というものは、人目に触れる部分の肌にするものです。
脱毛剤の使用時には失敗しないようくれぐれも気をつけたいものです。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ
脚痩せるんるん♪美脚の創り方