ヒゲ脱毛の注意点


ヒゲを脱毛する場合に気をつけなければならないのは、毛抜きです。

毛抜きによるヒゲ脱毛は家庭で出来るという手軽さから多くの人がやっていますが、毛抜きによる脱毛はヒゲの状態が最悪になってしまいます。

ヒゲを毛抜きで脱毛していると、毛穴が曲がるためにヒゲがまっすぐに生えなくなる恐れがあります。

ヒゲは毛穴が曲がってしまうことで、その先端が皮膚の下に入り、埋もれてしまうようになります。

そうして毛穴が広がることでにきびができやすくなり、肌にはいいことは何もありません。

毎日剃っていても肌が痛んだり、口周りのヒゲの毛穴がにきびっぽくなってしまいますので注意しましょう。

ヒゲが濃い人で肌にトラブルを抱えている人は少なくなく、肌のトラブルを解消しながら、ヒゲ脱毛をしていかないと綺麗な肌にはならないのです。

そして、ヒゲ脱毛の注意点の2つ目は、永久脱毛です。

レーザー脱毛の広告にあるものに、永久脱毛も一緒に書いてあるものもあります。

レーザー脱毛によるヒゲ脱毛では、永久脱毛とあってもほんとに永久とは言えません。

レーザーの照射で毛根は破壊されていませんが、ヒゲは仮死状態になるだけで、数年すると仮死状態だった毛根は、また生き返ってしまうのです。

レーザー脱毛を施して、数年簸得ない状態を保つことができれば、永久脱毛といえることになっているようなので、それを覚えておきましょう。

ヒゲ脱毛にはレーザー脱毛と針脱毛


ヒゲ脱毛にはいくつか種類がありますが、そのひとつにレーザー脱毛があります。

レーザー脱毛の方法は、レーザーを皮膚の上から照射し、毛の根元にある毛根を破壊させるという方法です。

毛根のメラニンにレーザーが当たると熱が発生して、毛根を燃やすというイメージです。

胸毛などの体の脱毛、ヒゲの薄い方の脱毛にはレーザー脱毛をお勧めします。

濃くて太く密集しているヒゲの脱毛にはレーザー脱毛は向きません。

レーザー脱毛が向かない理由は、濃くて太く密集しているヒゲの毛根が破壊される迄レーザーを強くすると、口周りは神経が集中しているので熱くて痛く、最悪の場合やけどや跡が残ってしまう事もあるからです。

レーザーによってヒゲ脱毛を行うと、広範囲のヒゲを脱毛することができ、毛が薄くなることを期待できるところがメリットなのです。

レーザー脱毛のデメリットは、1回では脱毛をする事が出来ず、永久脱毛も出来ないところです。

またほかに針脱毛という方法があり、これは電気の流れる針を直接毛穴に入れることで毛根を破壊してしまい、2度とヒゲが生えないようにする方法です。

針脱毛は、ヒゲが濃くて太く、密集して生えている人に向いています。

永久脱毛ができ、1本ずつ脱毛することから強い痛みを伴うことがないのが針脱毛の良さです。

ただし1本ずつ脱毛するわけですから、どうしても時間がかかったしまうという難点はあります。

医療機関とエステサロンでのわきの脱毛


エステサロンや医療機関などでも、わき脱毛をすることが可能です。

知っておいたほうが良いのは、わきの脱毛方法には医療機関とエステサロンではやり方に実は違いがあるということです。

医療機関でのわきの脱毛方法はレーザーを使った脱毛方法と絶縁針を使った脱毛方法があります。

わき毛の再生を防ぐ脱毛方法であるレーザーを使ったわき脱毛は、黒い色素だけに反応するレーザーを照射して毛根、毛包を焼いてしまいます。

皮膚の表面にあたる部分には電気を流さないようにした針を毛穴に刺し、電気によって毛乳頭を破壊するのが絶縁針を使ったわき毛の脱毛です。

これによりわき毛の再生を防ぐことができます。

より効果が高いとされているのは、レーザーを使ったわき脱毛よりも、絶縁針を使ったわき脱毛のほうです。

レーザー脱毛に比べて、強い痛みを伴うのが、絶縁針を使ったわき脱毛です。

ですからわき脱毛をするときは部分麻酔を使い施術されることになります。

これらのレーザーを使ったわきの脱毛方法も、絶縁針を使ったわきの脱毛方法も、許可されているのは、医療的知識を持つ者のものだけです。

医療行為とされているからです。

これらに似たようなわき脱毛がエステサロンなどでも施術されています。

レーザーも絶縁針もエステサロンでは医療機関で使われているものより体に影響の少ない、出力の弱い脱毛の機械が使われています。

医療行為は行えないからですから、当然ではありますが。

わきの脱毛をする場合は、医療機関でもエステサロンでもあらかじめ脱毛についての知識を取得して安心できる施設で脱毛をしてもらうことをおすすめします。
脚痩せるんるん♪美脚の創り方