メイクさんのお肌のお手入れQ&A > お肌のたるみの悩み



ヒアルロン酸とコラーゲンを含む食べ物


ヒアルロン酸とコラーゲンなら、サプリメントを飲むと言う人も多いと思います。実は食べ物でも二つの成分を摂る事ができるのです。体への吸収効率という点から考えると、扱いが便利なサプリメントよりは、食べ物をから得た方がいいと言われています。コラーゲンとヒアルロン酸を共に摂取できる食材には、豚の耳や豚足、軟骨、鶏皮といった食べ物があります。鶏皮が好みでない人は、その脂っぽさを苦手としていることが少なくないようです。カリカリに炒めてから砕き、ふりかけ状に加工すると食べやすくなります。いかにも足を食べている感じがして豚足が好きではないという人もいますが、スープなどに加工することで食べやすくなります。スープを作ればヒアルロン酸やコラーゲン成分はそこに移動しますので、スープを飲めば必要な成分を取り入れることができます。沖縄は豚の耳を食べますが、それ以外の場所に住んでいる人にとっては抵抗感があることもあります。豚の耳は、ヒアルロン酸やコラーゲンを豊富に含むことで知られています。豚耳は、ベーコンのようにカリカリに炒めたりして、サラダのトッピングや、中華風の炒め物などに使うと美味しく食べられます。食材からヒアルロン酸やコラーゲンを摂取することは、決して不可能なことではありません。毎日の食事メニューを工夫することで、コラーゲンやヒアルロン酸を補給するのも方法の一つです。

ヒアルロン酸とコラーゲン ヒアルロン酸とコラーゲン


ヒアルロン酸とコラーゲンは、肌や関節などに効果があると言う事で注目されている成分です。体内に取り入れると何が起きるのか、コラーゲンやヒアルロン酸について知っておきましょう。ヒアルロン酸は、体じゅうに存在している成分で、目や皮膚、関節に多く含まれています。たくさんの水分が含まれていてとてもやわらかいので、皮膚の弾力をつけたり、骨の関節部分では潤滑油のような働きをします。ヒアルロン酸は、生まれた時が一番多く後はだんだん減り続けていきます。体内のヒアルロン酸が少なくなると体の保水力が低下し、皮膚は水分を失って乾きがちになり、しわやシミが増えます。人体を構成するために欠かせないたんぱく質のうち30%はコラーゲンです。軟骨や骨、靱帯、真皮に集中していることが知られています。体を構成する数多くの細胞はコラーゲンによってつながっています。強靱で弾力があり、器官と器官の間、細胞と細胞の間、細胞と器官の間などにあります。コラーゲンも、ヒアルロン酸同様、加齢によってどんどん減少していってしまうものです。また、年と共に古くからあるコラーゲンは衰えて働きが弱くなってしまうようです。コラーゲンの代謝は古いコラーゲンがうまく分解されないと機能しないため、古いコラーゲンが残ると肌は張りやキメが失われます。肌の健康だけてなく、関節や靱帯にとってもヒアルロン酸やコラーゲンは欠かせない成分です。

顔やせと小顔


顔やせや小顔になるような方法も、体重を減らすだけのダイエットだけに限らず最近はよく耳にします。昔はダイエットというと、体重を減らす事がその目的のことが多いものでした。過去のダイエット方法は、体重減少のためにりんごダイエットや卵ダイエットなど、一つの食べ物をひたすら食べるような方法が流行っていました。ただ痩せているというのが良いという時代は、今は過ぎ去ったのです。小顔で凹凸がある体型というスタイルが、現在たくさんの女性が理想としているものです。顔やせ、小顔というキーワードは必ずといっていいほど特集されています。小顔の芸能人や顔やせの方法などを雑誌で見る事がたくさんあるかもしれません。スキンケア用品やメイク用品は、肌の状態が把握できるようになってきたら使い分けるようにすると良いでしょう。実際の所、体重が減れば体は全体的にひきしまりますが、顔だけ小顔になるという事はないようです。ダイエットをすると蓄積された皮下脂肪から減っていくので、お尻周りや、太ももなどがまず痩せていきます。自分で実感できるぐらい顔やせするのは、顔はむくみやすい場所でもありるので、体重が減少しても難しいでしょう。ダイエットではなく、顔やせや小顔になる、マッサージや、エクササイズ、食事法などもあるので次説明しましょう。
脚痩せるんるん♪美脚の創り方