メイクさんのお肌のお手入れQ&A > お肌のたるみの悩み



顔たるみの原因と改善について


顔の肌の張りは、25歳をピークにしてどんどん減少してしまいますが、この顔たるみの原因と改善にはどのようなものがあるのでしょうか。

お肌の張りが無くなり、たるみができてしまう原因はコラーゲンやエラスチンといった肌の弾力の元になる成分が失われるからです。

紫外線も顔のたるみの原因のひとつで、外出の時に気をつけなければならないこの紫外線は、肌細胞を活性酸素を発生させて壊してしまうそうです。

顔のたるみにとって、加齢と共に失われてくる表情筋のゆるみも大敵だといえます。

表情筋は、顔をぎゅっと持ち上げて支える役目があるのですが、自然にゆるんでくると顔のたるみの要因となるのです。

表情筋のゆるみを改善するためには、顔を動かすエクササイズをしてみましょう。

リフトアップ運動といって頬を挟んで上に持ち上げるものなどでも、こまめに毎日行えば表情筋は鍛える事が出来、顔のたるみの改善に役立つに違いありません。

顔のたるみを改善するには、毎日のスキンケア時に、顔のたるみを上へ上げる様に意識しながら、化粧水や美容液をつけてマッサージするというのもおすすめの方法です。

顔のむくみや老廃物を流し、お肌をぎゅっと引き締めてくれる働きをするマッサージクリームもたるみ解消にはおすすめです。

余分な脂質を分解してくれる小顔クリームも、たるみ解消のためのマッサージのほかに、たるみ改善に役立つものです。短期間で顔のたるみを解消し、小顔にするという医療テクノロジーが開発されたということです。

顔のたるみを解消するためには、たるみの原因を理解して、肌の症状に適した毎日のスキンケアが大切です。

投稿者 友近由紀子
     
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
東京安心安全美容整形外科|座敷豚の簡単ダイエット|楽々簡単ダイエット講座
お肌の悩み解決箱|サプリメントの基礎知識|Blogger of dietfever

顔のたるみを解消する方法


悩みの種である、顔のたるみを解消する方法としては、マッサージ、ストレッチ、サプリメントや美容外科などがあげられます。

自宅で直ぐ出来る方法で顔のたるみを解消したいという方は、マッサージや日々衰えてしまう表情筋を鍛える運動がおすすめです。

人間は若いうちから表情筋が持っている能力の約3割程度しか、元々は使っていないとされているのです。

日々年齢と共に、使われていない表情筋は衰えて行くと考えられています。

顔のたるみの解消に、表情筋を鍛えることは、役立つといえるのではないでしょうか。

簡単に表情筋を鍛える方法としては、口角と頬を一緒に引き上げるという方法です。

数秒間右の口角と頬を上げて持続し、次に数秒間左の口角と頬を上げ同じようにキープします。

それぞれ10回を目安に、口角と頬を上げる運動を左右繰り返し行うようにすると良いでしょう。

老廃物を溜め込まないように、リンパの流れを促進させるリンパマッサージも、効果的に顔のたるみ解消できるといわれています。

顔のたるみやフェイスラインを整える効果が期待出来るその理由は、顔にはリンパの流れが多くあり集中しているからです。

ではリンパマッサージの手順をご紹介しましょう。

まず顎のラインに流れているリンパを耳の下まで流しましょう。

首のライン、鎖骨まで、耳の下からしっかと流すことで老廃物が排出されるようです。

さらに顔の皮膚細胞を活性化させるのにも効果的です。

入浴中などに行うとさらに顔のたるみ解消に効果的のようです。

リンパマッサージは暖めて行うのが効果的だからです。

リンパマッサージや表情筋を鍛える運動は、顔のたるみを解消する方法として、毎日少しずつ行い、続けることが大切なことなのです。

投稿者 友近由紀子
     
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
東京安心安全美容整形外科|座敷豚の簡単ダイエット|楽々簡単ダイエット講座
お肌の悩み解決箱|サプリメントの基礎知識|Blogger of dietfever

顔のたるみ原因


いわゆる老化現象のひとつとされているのが、顔のたるみです。

原因としてまずあげられるのが皮膚の弾力の衰えでしょう。

肌の張りはコラーゲンによって保たれています。

肌の血行が年齢とともに悪くなり、コラーゲンの合成機能が、細胞に栄養分が行き渡らないことによって低下し、顔のたるみが起こってしまうといいます。

もうひとつわかっているのは、老化だけが顔のたるみの原因ではないということです。

顔にたるみができる原因のひとつには、日々のストレスや紫外線等による影響など、活性酸素が発生した場合におきるコラーゲンの破壊もあるということです。

急激に太ってしまうと、皮下脂肪の重みに筋肉や皮膚が耐え切れなくなり、顔のたるみが発生する場合もあるようです。

実は急激な肥満も、急激なダイエットも要注意で、急激に痩せると皮膚が余ることによって、顔の皮膚がたるんでしまうケースもあるのです。

皮膚の張りが失われることによって、顔の表情筋が垂れ下がることで顔のたるみは発生してしまいます。

体のむくみも、顔のたるみの原因になる場合がありますし、加齢で筋肉自体が減少しても、顔のたるみの要因となってしまいます。

余分な水分を、きちんとしたケアを行わずに身体に溜め込み続けると、顔だけではなく身体全体にも悪い影響を及ぼすことがあります。

余分な水分が、むくみによって少しずつ蓄積されていきます。

皮膚が水分の重みで垂れ下がってしまい、まぶたのたるみや顔のたるみへとつながることもあるので、気をつけたほうが良いでしょう。

投稿者 友近由紀子
     
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
東京安心安全美容整形外科|座敷豚の簡単ダイエット|楽々簡単ダイエット講座
お肌の悩み解決箱|サプリメントの基礎知識|Blogger of dietfever
脚痩せるんるん♪美脚の創り方