メイクさんのお肌のお手入れQ&A > まつ毛のお手入れ方法



眉毛の育毛とお手入れ方法


眉毛の育毛は普段のお手入れにも大きく影響されるもので、眉毛を雑に扱ったり、不潔にしていたりすると、きれいな眉毛は保てません。

眉毛を育毛しても、お手入れしない眉毛は魅力が無くなってしまうので、せっかく育毛に成功したのなら、眉毛のお手入れも方法も身に付けましょう。

およそ1週間程度が眉毛の生えるサイクルなので、これを目安にして眉毛のお手入れをしましょう。

左右の眉毛がバランスよく並んでいることをチェックし、顔の中で眉毛が特に目立っていないようにすることも大切です。

左右の眉毛は全く同じ太さではない場合も多いので、そのときは眉毛の細いほうや、薄いほうに合わせるといいでしょう。

眉毛のお手入れで注意する点は、眉毛の量を左右合わせようとして、多すぎる方を抜いてしまわないという事です。

抜いてしまうという行為は、育毛どころか発毛もしなくなるということにつながる場合があるので、できれば形を整えるために抜く程度にし、または剃るようにしましょう。

伸びた眉毛はカットし、薄いところは眉墨などのペンシルで描くようにしますが、そのときに使う眉墨の色も、できるだけ眉毛の色に合わせるようにしましょう。

眉毛の形がなかなかうまく整えられない、という人には、眉用の型というのもあるので、利用するといいでしょう。

たったこれだけの眉毛のお手入れ方法で、顔の印象がガラリと変わります。

眉毛を育毛することでコンプレックスがなくなる場合もあるでしょうし、それは明るい毎日につながるでしょう。

眉毛は育毛に成功すれば悩みも解消できるので、毎日しっかりお手入れをするようにしましょう。

眉毛の育毛方法について


実際に眉毛の育毛を行うには、具体的にどのようなことをするかというと、発毛を促すために育毛剤を使用することもできますが、日ごろのお手入れも重要な法方のひとつです。

すぐに育毛剤を使ってみる前に、自分の手でできる育毛法にトライしてみましょう。

眉毛が薄くなったりした場合、よくそれを隠そうとしてついメイクをやりすぎてしまったりします。

メイクをしすぎると皮膚に与える摩擦のせいで眉毛がさらに減ることもあり、眉墨が毛穴に詰まることで生えなくなるということもあります。

眉毛を育毛するためには、まず眉毛をいつもきれいにしておくことが大切で、眉毛の毛穴に汚れが入ったままなどにはしないようにしましょう。

イオン導入器などで、毛穴のクレンジングをしてみるのもよい眉毛の育毛方法のひとつです。

マッサージをして眉毛周辺の血行をよくすると、自然と眉毛が増えてくる可能性もありますが、眉毛のマッサージは気持ち良いことが条件で、強くやりすぎないようにします。

マッサージをしても眉毛が生えてこない場合は、眉毛の育毛剤を使ってみましょう。

眉毛専用の育毛剤は医薬品や化粧品メーカーから販売されていますから、毎日のな眉毛のお手入れに使用してみてはいかがでしょうか。

眉毛専用の育毛剤は使い方も簡単で、ジェルタイプ、クリームタイプ、またはアイブロータイプなどいろいろな種類があります。

その効果は発毛促進、保湿などにより、眉毛の抜け毛を防ぎながら強くて健康な眉毛を育毛するのです。

きれいで健康的な眉毛にするために、マッサージを行い、眉毛の育毛剤も使うなどして育毛に励むようにしましょう。

まつげの育毛はケアが大切


自前のまつげを痛めないように、まつげの育毛には抜けないためのまつげケアも重要なことです。
新しいまつげを生えやすくするためには、まつげの毛根を健康な状態に維持することが不可欠です。
少し引っ張っただけでも、まつげはとてもデリケートな部位ですから、すぐに抜けてしまいます。
乾燥や肌荒れでまぶたの毛根を痛めないようの、目の周りの皮膚は薄い場所なので気をつけなければならないでしょう。
頭髪と同じように、まつげにも成長サイクルがあり、頭髪の約半分の速さで成長するそうです。
まつげの育毛ケアで大事なことは、まつげの成長のスピードが滞らないようにすることがです。
しかしまつげは抜けやすく、育毛以前に最大の長さになるまでに抜けたり切れたりすることがあるので注意が必要です。
生えているまつげが抜けないように大事にケアしましょう。
アイメイクを落とす時にこすったり引っ張ったりは厳禁です。
その時はクレンジングをなじませてしばらくしてから、ふき取るように優しくアイメイクを落としてください。
まつげの育毛を妨げる原因として、ビューラーでまつげを強く引っ張ることもあげられます。
まつげは少し引っ張るだけで抜けてしまうほどですし、日常的にビューラーで引っ張られることで縮毛がはじまっています。
せっかく育毛剤をつけていても、まつげを痛めてしまっては無意味なのです。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ
脚痩せるんるん♪美脚の創り方