メイクさんのお肌のお手入れQ&A > まつ毛のお手入れ方法


【まつ毛のお手入れ方法】 の記事一覧


まつげ育毛剤の成分とタイプ


まつげ育毛剤についてご紹介します。
どんな成分と種類なのでしょうか。
マスカラやエクステのように、まつげを大きく濃く見せるためのも広く売られていますが、まつげを育毛して、自前のまつげを増やすということはあまり注目されていないようです。
様々なまつげの美容液やまつげの育毛剤が存在し、よく見るといろいろなところに出回っています。
濃いまつげを持っている人とは、本数が多く長くて、まつげ一本一本が太くしっかりとしていて、ハリのあるまつげの人でしょう。
まつげはわずかな部分でしか顔の中で占めてはいません。
しかし外見には相当な影響を与えるといえるでしょう。
しっかりとまつげ育毛剤によってまつげをケアすることで顔の印象もかなり変化するのではないでしょうか。
コラーゲンやビタミン類がまつげの育毛剤の成分にはたくさん含まれていて、痛んだまつげをトリートメントしてくれるでしょう。
そのほかにも、毛根部を活性化させ、血行を促進させる成分が含まれているような育毛剤もおすすめです。
痛んだまつげに栄養を与えてまつげが抜けるのを防止するために、育毛剤の有効成分がまつげ表層のキューティクルの間に入り込んで作用してくれるかもしれません。
まつげにつけるタイプの育毛剤も何種類かあるようです。
朝晩つけることでまつげのボリュームと長さを増やすことができるかもしれません。
中でも生え際まで塗りやすいのが筆タイプのもので、マスカラのようなブラシタイプもあります。
他にはマスカラの下地として使えるタイプの育毛剤もあります。
育毛剤を日々の基礎化粧の時間にまつげにも塗っておくということができるのです。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ

まつげの育毛とお手入れ


まつげの本来の役割は太陽の光や異物から目を守るためにあるのです。
外見の印象を良く見せるのは、長くてぱっちりとした見栄えのするまつげです。
まつげの本数を増やして育毛をしたい、まつげのお手入れをして一本一本のまつげを太くしたいと思う人は多いのではないかと思います。
目を大きく見せる大切なアクセントの一つであるまつげですが、育毛やお手入れ方法には意外と関心のない人が多いようです。
マスカラメイクやビューラーなどでまつげにダメージを与え続けていることもあります。
加齢と共に本数が減っていくのは、髪の毛もまつげも一緒なのです。
アイライン効果に大きな影響があるまつげの量や長さを調整する為に、ぜひまつげのお手入れやまつげの育毛について考えてみましょう。
まつげについてのデータですが、長さの平均は1センチ前後、上まつげは平均200本、下まつげは平均100本、ともいわれています。
そんなまつげはとてもデリケートで弱いために抜けやすい部位でもありますが、髪の毛と同じように、まつげには成長のサイクルがあるのです。
マスカラやビューラーでまつげに負担をかけ続け、まつげのお手入れや育毛をせずにいると、まつげが弱ってどんどん抜けてくる可能性があります。
繊細なまつげにとって大切なのはまつげの育毛とお手入れです。
まつげの毛根に十分な栄養を与え、目の周りの血行をよくすることでまつげを育毛し、本数や量を増やすことが期待できます。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ
脚痩せるんるん♪美脚の創り方