魚の目ができる原因を知りましょう


魚の目は痛いだけでなく何度も再発したり複数できたりと厄介ですが、なぜできるのでしょう。
足の形と靴が合っていない時は魚の目ができやすいので、皮膚科で診察を受けるとまず一番に確認されます。
気に入った靴を見つけて買ってみたら足が少し窮屈に感じたけれど、デザインが気に入ってそのままはいているという人もいます。
サイズが合わない靴によって足の指やつけねなどが靴にあたって圧迫されてしまったり、足の甲が広い人は指が両側から圧迫された結果、魚の目ができてしまうことがよくあります。
継続して圧迫や摩擦などの負荷を受け続けた皮膚はその部分を守るために硬くなる性質がありますが、それが魚の目の元です。
つまり、いつも同様の場所に同質の刺激を加え続けられた皮膚が硬なった結果なのです。
魚の目の起きる原因に靴が大きいことは、皮膚科で靴選びについて言及される点でも明らかです。
再び魚の目にならないためにも、靴を改善する必要があるわけです。
女性の場合ですとハイヒールなどを無理して履き続けていることが原因で魚の目ができることが多いようです。
デザインだけではなく足にフィットした靴を選ぶことが大切なのではないでしょうか。
皮膚科の先生は魚の目はこわい病気ではないけれど、痛みできちんとした姿勢で歩けなくなることにより、姿勢が悪くなり腰痛などの別の症状が出てくることがあることも指摘しています。
そして、魚の目が確認できたらできるだけ早く皮膚科を受診するべきでしょう。
また、魚の目が再発しないような靴の選び方なども聞いておくと、その後も役立ちます。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ

魚の目の素人治療は大変危険です


専門の医者に診てもらうことが、魚の目を手っ取り早く治す最善の手段でしょう。
では、実際にはどのように治療をして魚の目を治すのでしょう。
症状の進み具合によって、皮膚科での対応も少しずつ違います。
魚の目がある程度の大きさや深さがあると、外科的手術で取り除かなければなりません。
手術によって患部を切り開き、魚の目の芯の部分を直接除去するという治療です。
皮膚科によってはレーザーや液体窒素を用いるところもあり、また、麻酔をして芯を完全に取り除くこともあります。
タコと異なり、魚の目は根本から除去しなければ再発の可能性があります。
症状によっては、スピール膏という腐食剤で角質化している魚の目を柔らかくして除去するという方法も使われます。
皮膚科によってその治療方法は色々ですので、重症化してしまった魚の目の場合や何度も魚の目が発症する場合にはとにかく皮膚科に行って相談してみることが大切でしょう。
軽度の魚の目でしたら市販の薬で対応できることもあります。
足に違和感を感じるものができた気がして、それが魚の目のようだと思ったなら、市販の薬で手っ取り早く治した方がいいでしょう。
魚の目を取る市販の薬は、魚の目を柔らかくする薬品のついた絆創膏を患部を覆うようにしばらく貼付して除去するというものです。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ

魚の目を見つけたら皮膚科に行きましょう


足の裏や指が強い圧迫から角質化し、魚の目やタコを作ってしまって病院の治療を受けるという人は、予想外に多いようです。
魚の目は命に関わるような病気ではないにせよ、一度できると非常に厄介なものです。
この厄介な魚の目とは具体的にどのようなものなのでしょうか。
魚の目は皮膚の角化によって起こり、その理由は皮膚への摩擦や圧迫など。
その形状から鶏眼とも呼ばれます。
痛みが生じるのは、魚の目の中心にできる目の部分がくさび状になって神経を刺激するためです。
魚の目ができやすいのは体重が集中してかかる足の前のほうです。
痛みが強いと歩けなくなってしまいます。
歩行が難しくなるほど痛みがひどい時は、独力での治療は困難です。
できるだけ早く皮膚科の診察を受けましょう。
治療以外に、皮膚科では自分に合った靴の探し方などを教えてくれるようなところもあるそうです。
どうして靴なのかというと、魚の目の原因に靴があるからです。
靴の他にも、足の形や生活習慣なども魚の目の原因があるので、皮膚科の指導を受けた方がいいこともあります。
人によっては、皮膚科に行かずに処置を済ませようと考えるかもしれません。
ですが、不用意に削ったりほじったりすると、炎症が起きることがあるので要注意です。
魚の目ができた時は、まだ程度が小さくてもおっくうがらずに医師の診断を受けてください。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ
脚痩せるんるん♪美脚の創り方