魚の目ができる原因


ズキズキと煩わしい魚の目は、一体どのような要因でできてしまうものなのでしょう。
まず魚の目で皮膚科にかかると真っ先に言われるのが合わない靴をはいてはいけないということです。
例えば通信販売などで靴を買って多少サイズが合わなかった場合ついつい無理して履き続けてしまうこはないでしょうか。
ですが、靴の形に比して足の甲が広めな人は、左右から足の甲が圧迫されます。
大きさが合わないことが原因で足指の付け根が押しつけられることもあります。
非常に魚の目になりやすい状況です。
元々は皮膚の防御反応で、継続して同じような摩擦や圧迫をずっと受けた結果、皮膚の一部が硬くなって角質化するのです。
つまり、いつも同様の場所に同質の刺激を加え続けられた皮膚が硬なった結果なのです。
そのため、皮膚科での指導では、必ず自分の足に合う靴を履くようにと言われるはずです。
合わない靴をはき続けると、結局魚の目が再発します。
女性が魚の目になった場合、その理由にはその人に合わないハイヒールで足に負担をかけすぎていたということがあります。
見た目の印象だけでなく、いかに足に合う靴を買うかも重要なことといえるでしょう。
タコと異なり魚の目は痛みがありますので、それ自身は命をどうこうする病気でなくても、歩行時の痛みから患部をかばうような歩き方を続けていると姿勢が乱れ腰の痛みなどが起きる可能性もあります。違和感を感じたらそのままにはしておかず、皮膚科なとの専門機関に見てもらいましょう。
どのような靴が足に合う靴なのかという助言を医者から受けるなどして、再発防止を目指してください。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ

魚の目の治療方法


もし魚の目らしい症状が出たら、皮膚科に行くことをお勧めします。
皮膚科では魚の目の治療はどのように行われるのでしょうか。
症状の進み具合によって、皮膚科での対応も少しずつ違います。
重症の魚の目の場合には皮膚科において外科的手術が行われます。手術によって患部を切り開き、魚の目の芯の部分を直接除去するという治療です。
麻酔をして魚の目の元から根こそぎ切除する皮膚科もありますし、液体窒素やレーザーを使う皮膚科もあります。
魚の目とタコの違いは、魚の目は芯まで完全に取らなければならないことでしょう。
症状によっては、スピール膏という腐食剤で角質化している魚の目を柔らかくして除去するという方法も使われます。
皮膚科によってその治療方法は色々ですので、重症化してしまった魚の目の場合や何度も魚の目が発症する場合にはとにかく皮膚科に行って相談してみることが大切でしょう。
市販の薬もあり、小さな魚の目ならこれで対処が可能です。
治せるうちに治した方が早く済みます。
魚の目と思しき物ができたり、足に異物感があったら、その時点で市販の薬を使ってみてください。
家庭での治療では、硬くなった皮膚を軟らかくするサリチル酸ワセリンを使って角質化した部分を軟化させてまとめて取り払うというものです。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ

魚の目は皮膚科で受診


魚の目やタコは目立たない症状ですが、意外と多くの人が経験しています。
魚の目やタコの治療に皮膚科に通う人も多いです。
痛みを伴うこともあり、なかなか治らない魚の目は、生命を脅かしはしませんがかなり面倒です。
人の体は、一体どのような理由で魚の目になってしまうのでしょう。
またの名を鶏眼とも呼ばれる魚の目は、皮膚への繰り返しの摩擦や圧迫によって角化した皮膚のことです。
真ん中に半透明の芯が形成されて真皮内に入り込み感覚神経を刺激するので痛みを生じます。
痛みが強い時は歩くことも難しくなります。圧迫や摩擦のかかりやすい足の前側にできることが多いようです。
歩行が難しくなるほど痛みがひどい時は、独力での治療は困難です。
できるだけ早く皮膚科の診察を受けましょう。
治療以外に、皮膚科では自分に合った靴の探し方などを教えてくれるようなところもあるそうです。
魚の目の原因に、きつい靴、つま先の細すぎる靴などがあります。靴の他にも、足の形や生活習慣なども魚の目の原因があるので、皮膚科の指導を受けた方がいいこともあります。
人によっては、皮膚科に行かずに処置を済ませようと考えるかもしれません。
ですが、不用意に削ったりほじったりすると、炎症が起きることがあるので要注意です。
症状がある程度進んだ魚の目なら、面倒がらずに皮膚科で処置してもらいましょう。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ
脚痩せるんるん♪美脚の創り方