メイクさんのお肌のお手入れQ&A > 毛穴の黒ずみの悩み


【毛穴の黒ずみの悩み】 の記事一覧


洗顔で毛穴の黒ずみを解消する


顔の毛穴ケアで一番気をつけたいことは、正しい洗顔の法方です。毎日きちんとした洗顔を続けていなければ、顔の毛穴が開き黒ずみができやすくなってしまいます。
正しい洗顔の仕方で、毛穴の黒ずみをなくす法方をお教えしましょう。
顔の毛穴をしっかり開かせるために、蒸しタオルで2〜3分間顔をおおいます。
また洗顔をするタイミングとして入浴時も毛穴が開いているので適しているといえます。
洗顔のときの石鹸や洗顔料は、十分に泡立てることが大切です。
しっかり泡立てずに指でごしごしとこするような洗い方では反対に顔の皮膚や毛穴を傷つけてしまうことになるので、注意しなければなりません。
もうひとつ大切なのが最後のすすぎで、これこそが黒ずみをなくすためにもっとも重要なのです。
すすぎの仕方が少なすぎて顔の毛穴の黒ずみがなくならないこともしばしばあるほどで、すすぎは少なくとも30回は行うようにしなければなりません。
洗顔をすると肌は水分が急激に不足した状態になるため、乾いたタオルで水分をふき取った後は、肌がしっかり保湿できるように十分な水分を補給することを忘れずに行いましょう。
洗顔を正しく行って保湿も忘れることなく毎日続ければ、顔の毛穴の黒ずみは間違いなく解消されていくことでしょう。
決してメイクしたまま寝てしまうというようなことはないようにしましょう。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ

顔の毛穴の黒ずみ原因


顔の毛穴が黒ずむのは、意外に目立つので気にしている人も結構いるでしょう。
それでは顔の毛穴の黒ずみは、何が原因で起きるのでしょうか。
毛穴の黒ずみの原因は毛穴を詰まらせる角栓が原因です。
では角栓はどんなものかというと、顔の古い角質と毛穴から分泌する皮脂が混ざり合ってできるかたまりです。
本来は分泌された皮脂は、皮膚の外に流れ出たあと、皮脂膜で自然の保湿パックがされるのです。
けれども顔の毛穴のまわりに古い角質が残っている場合、外に出ようとする皮脂と混ざって毛穴が詰まるというわけです。
角栓ができる皮脂毛穴は、普通の毛穴の4倍ほどの皮脂分量があるといわれ、角栓がひとたびできるとどんどん大きくなって固まりだすというわけです。
時間が経つと古くなった角質層がさらに毛穴の中に落ちるため、角栓は大きくなる一方なのです。
このような角栓と皮膚が酸化することによって黒く変色すると、顔の毛穴の黒ずみとなるのです。
このような顔の毛穴の黒ずみを防ぐには、皮膚をいつも清潔にしておき、皮脂の分泌を抑えるようにすると、角栓ができにくくなり、予防になるのです。
角栓はできてしまったなら、押し出して角栓を取り除いた上で適切な洗顔を行うことにより、早めのケアをしておきましょう。
そのようにすれば顔の毛穴の黒ずみは早期に解決することが可能です。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ
脚痩せるんるん♪美脚の創り方