ワキガの治療法


ワキガの治療法について。

ワキガに気付いたら、自分で悩みを抱え込まないためにも、またまわりに不快な思いをさせないためにも、早めのワキガの治療をおすすめします。

病気とはいえないのがワキガですが、ワキガ治療することを決めたのなら、まずはさまざまなワキガの治療方法を知りましょう。

無料で相談できるクリニックを利用すると良いでしょう。

ワキガの治療方法は自分自身でよく考えてから決定することが大切です。

方法はクリニックによって違いますし、費用もかかることだからです。

切除法は、ワキガの治療法の中でも昔から行われていた方法ですが、現在はこの方法でワキガ治療は行われていないようです。

ひきつれが起きたり傷が残ったりとデメリットの方が大きいからです。

ワキの下の汗腺や皮脂腺など、臭いの発する腋の下の皮膚を切除して縫い縮める方法なので、仕方が無いことなのかもしれません。

直視下剪除法(皮弁法)というワキガの治療法があります。

ワキの下の皮膚を5センチ程度切開し、医師が目で確認しながらアポクリン腺とエクリン腺を除去する方法です。

この他、ワキガの治療法にはワキの下の皮膚に数ミリの穴を開け、細い管を差し込んで、アポクリン汗腺やエクリン汗腺、皮脂腺を吸い出すという皮下組織吸引法というものがあります。

このやり方の良いところは、術後の日常生活への影響がないということです。

また傷跡が残らず、入院が不要なのもメリットです。

超音波治療法と呼ばれるワキガの治療法は、皮下組織吸引法と同様にワキの下の皮膚に数ミリの穴を開けます。

そしてアポクリン汗腺やエクリン汗腺、皮脂腺を破砕して吸引するために、超音波装置に接続されているハンドピースの先端を挿入するというやり方です。

このワキガの治療法は非常に魅力的だといえます。

血管や神経を傷つけず、皮膚壊死の心配もなく入院も必要ないからです。

しかしワキガの治療には費用がかかりますので、治療費を出せる人にはおすすめですが、治療費が出せない人にとっては難しいものです。

その場合はご自分の食生活を見直し、汗を良く拭いて、体を清潔に保つなどして、少しでもワキガの原因となるものを取り除くことをおすすめします。

ワキガの原因とワキガになりやすい体質


ワキガの原因は食生活にもありますし、ワキガになりやすい体質もあります。

ワキガの治療を考える前に、摂取している食品について見直してみると、ワキガの症状を軽減できるかもしれません。

エネルギー源として欠かせない食品である高カロリーや高脂肪の食品はワキガ臭の原因になるといいます。

肉類や乳製品などがそうですが、摂りすぎないように気をつけたほうがよいでしょう。

乳製品や卵など、脂肪酸や中性脂肪が多く含まれている食品は汗腺を刺激しやすいので、ワキガ臭の原因になります。

食生活の改善は、ワキガの症状を軽減できますので、ワキガ治療も必要かと思いますが、まず自分で出来ることから始めてみましょう。

ワキガであるかどうか、判断することは難しいのが現状です。

ワキガ治療することよりも、難しいかもしれませんね。

人に指摘されることはありませんし、自分でも気付かない人もいます。

ひとつ自分で判断する基準もあります。

ワキガは高い確率で遺伝してしまうので、両親や親戚などにワキガの人がいる場合ワキガである場合が多いかもしれません。

けれど100%ワキガは遺伝するというわけではないので、それだけで決め付けるのはやめましょう。

毛深い人はワキガの確率が高いようです。

なぜなら毛深いと汗腺が多くなりますので、細菌の温床になりやすいからです。

アポクリン腺は耳の穴に多く分布しているのですが、耳垢が湿っている人は、この汗腺が活発な証拠です。

ワキガの可能性があるということですので気をつけましょう。

このほか服のワキの下に黄ばんだ汗じみができる人も、ワキガや多汗症を疑ったほうがよいでしょう。

もしワキガだと気付いたら、早く対処することで、ストレスや悩みをかかえなくてすみます。

悩む前に食生活の見直しや、ワキガの専門医に相談して治療を受けてみましょう。

いろいろなワキガの治療法がありますので、まずは恥ずかしがらずに相談することをおすすめします。

ワキガとは


ワキガというのは具体的にどのような症状なのでしょうか。

季節を問わず気になるのが体臭です。

一度気になりだすと止まらないのが体臭の悩みですよね。

誰でも自分の体臭で悩みたくはありません。

日本人はきれい好きですから、ワキガや体臭には敏感です。

原因がワキガであれば、正しい治療を行わなければなりませんし、ワキガの治療法はさまざまあります。

まずは治療法の前に、ワキガとは何かということを知っておきましょう。

ワキガは多汗症とは違います。

多汗症は体温調節が必要でないときでも大量に汗を分泌してしまう症状です。

ワキの下だけでなく、手や足や、顔などにも汗をかきます。

大量の汗をかくために、ワキガと勘違いしてしまう人もいますが、ワキガと多汗症は根本的に違のです。

多汗症の人は、日常生活にも不便なことがあります。

発汗量が多いと、書き物する時や楽器を演奏する時、自転車や車のハンドルを握る時など、汗でべとついたり、濡れたりと、さまざまな面で支障をきたしてしまうのです。

もちろん治療しなければ、自然に治ることはできません。

ですが多汗症もワキガ同様、その症状を多少なりとも改善することはできますから、専門医に相談することをおすすめします。

ワキガというのは、分泌物が皮膚にいる菌により分解されることによって発生してしまう異臭です。

その分泌物はエクリン腺、アポクリン腺、皮脂腺などの汗腺類から出るものです。

ワキガの臭いは、思春期の頃から皮脂腺の活動が活発になるので、だんだんきつくなります。

またワキガは遺伝もありますし、性ホルモンの影響を受けることもあるようです。

エクリン腺は、人の体全体に分布している汗腺で、体内に溜まった熱を放出する働きをしています。

アポクリン腺は、ワキ下やおヘソの周り、耳の中などに存在しています。

汗腺から出る分泌物は乳白色で、成分は脂肪・色素・アンモニアなどからなります。

これが衣類に染みを作る原因になるのです。

ワキガと体臭は別のものです。

皮脂を分泌しているのが、名前のとおり皮脂腺なのですが、これらの汗腺と雑菌が混ざり合うので、ワキガは独特の腐敗臭を放出してしまうという仕組みです。

ということはワキガは人間がもともと持っている体臭とは異なるのです。
脚痩せるんるん♪美脚の創り方